INTERVIEW


 

 

「入社して毎日がチャレンジの連続」

 ソリューション部 村上 壽(むらかみ ひさし)さん

福岡県出身。大学を卒業後、県外の企業に勤務。40歳を期に、両親や実家のことを考えてUターン転職を決意。興味のあったプログラミングを職業訓練校で学び、異業種からBSSに転職。契約社員として入社し、正社員登用を経て、プログラマーとして活躍している。

BSSに入社するまでの経緯を教えてください。

以前より興味のあるプログラマーに挑戦してみたかった

大学進学を機に福岡を離れ、保険代理店で営業職に従事していました。40歳を過ぎてから、将来の実家のことや両親のことを考えるようになり、後悔する前に行動をと思い、Uターン転職を決意しました。
福岡に戻って転職活動をするとき、前職の経験を活かした仕事に就く選択肢もありましたが、今まで興味があるけどやれなかったことに挑戦したいと思い、以前から興味のあったプログラミングをやってみようと職業訓練を受講しました。
職業訓練校でプログラミングを学ぶうちにIT業界への想いが強くなり、未経験でも応募できるIT企業をいくつかリストアップしていたところ、偶然にも職業訓練が終わるタイミングでリストアップしていたBSSが会社説明会に来られたので、これは何かの縁だと思い、すぐに応募の電話をしました。
未経験のため採用されるのは厳しいだろうと思い始めたころ、「自社内の案件があるからやってみないか?」とお話をいただき、契約社員として入社しました。

入社して今に至るまで、どんな業務に従事していますか?

入社して1年間は、商社の基盤システム再構築に従事しました。
最初の2ヶ月はテスト業務、3ヶ月目からプログラミングに携わり、認めていただけたのか開発のスケジュールに自分の名前がレギュラーメンバーとして入るようになりました。
その後、取引先に常駐し取引先のSEの方と要望や要件を打ち合わせしながら、既存プログラムの改修作業を行いました。
業務に慣れてきた頃、上司から正社員登用のお話をいただきました。入社時から直感的にBSSで働きたいという想いがあり、正社員登用試験を経て正社員になりました。
現在は、自社内で改修業務を担当したり、設計業務にも携わっています。

日々の仕事の中で、どんな時にやりがいを感じますか?

自分でプログラムを組んで思い通りに動作した瞬間にやりがいを感じる

前職同様、お客様から感謝の言葉をいただいたときにやりがいを感じています。
それに加えて、開発の面では、自分で一通りプログラムを組んで思い通りに動作した瞬間や、上手く動作しない不具合を見つけ出して、試行錯誤しながらやっとの思いで思い通りに動いた瞬間にやりがいを感じます。

異業種から40代で転職して、どんなことに苦労しましたか?

IT用語や足りない知識は日々勉強

未経験からの入社なので、知識が足りないことを日々実感しています。
入社時は、技術面はもちろんのこと、社内で飛び交うIT用語の意味がわからないことが多かったので、前後の言葉から意味を探ったり、業後に自分で調べて勉強したりと苦労しました。入社数ヶ月でお客様と直接やりとりするようになったので、IT用語がわからず不安もありましたが、上司やチームのメンバーに相談しながら対応していました。
最近では規模の大きい案件に携わることになり、今までとは全く違う言語を使っています。言語が違うと書き方もソースも違うため、思い通りにプログラムが書けず小さなことでつまずくこともありますが、悪戦苦闘しながらプログラムを書いては試し、失敗しては改善し、を何度も何度も繰り返しています。
ベースが足りないことは認識しているので、勉強や業務を通じて新しい言語や業務知識を身につけ、早く自信が持てるようになりたいと思っています。

これからどんなことにチャレンジしたいですか?

入社して毎日がチャレンジの連続

異業種から未経験で飛び込んできたこと自体が、私にとっての大きなチャレンジでした。
新しい案件に携わるたびにわからないことが出てくるので、毎日壁にぶつかっては、何とか乗り越えています。そういった意味では、日々、チャレンジしている感じです。

入社を検討している人にメッセージをお願いします。

「熱意を持った人」と一緒に仕事がしたい

就職・転職活動はパワーが必要なので大変だと思いますが、そんな中でも一歩前に踏み出す熱意を持った人と一緒に仕事ができればいいなと思っています。企業メッセージで「熱意・意欲があれば・・・」と書かれているものをよく見かけますが、私は転職活動を経て熱意があればなんとかなると実感しています。